長時間カバー力対決!BBクリームVS化粧下地&ファンデの結果とは

BBクリームと言えばお手軽簡単時短の3拍子が揃ったベースメイクアイテムですよね。

 

乳液や美容液、日焼け止めクリームや化粧下地、ファンデーションという面倒な工程をすべて省略できるから大人気。

 

けど気になるのがカバー力ですよね。

 

いくらお手軽でも長時間カバーしてくれなかったら何度も化粧直しをしなきゃいけなくて面倒臭さ倍増です。

 

そこで、BBクリームと化粧下地&ファンデを使ったいつも通りのベースメイクの2通りをどっちが長持ちするかどうかという観点で比べてみました!

 

 

 

@ 対決の前に条件の確認!

 

BBクリームもいつも通りのメイクも、説明書に書かれている通りの使い方をします。

 

BBクリームは、洗顔後化粧水をつけてから塗るだけ。

 

下地&ファンデは、化粧水、乳液、美容液をつけてから下地を塗ってファンデーションを塗ります。

 

より効果を分かりやすくするために、両方とも使った後にパウダーは使用しません。

 

では対決スタートです。

 

 

 

A 化粧下地&ファンデーションの1日

 

8時 メイク完了、ばっちりベースメイク

 

8時半 オフィス到着時点で、おでこの部分が気になり始めます。

 

汗をかいたせいか少し落ちてきました。

 

11時 お茶を飲むせいか口周りのカバー力ダウン。素肌の色が見え隠れ

 

13時 ランチ後の化粧直し無し。口の周り、頬、おでこはだいぶ露出している

 

15時 アイメイクと眉以外はとれかける。頬の色が完全に素肌。

 

17時 全体的にファンデーションは落ちてしまって疲れ果てた印象

 

 

 

B BBクリームの1日

 

8時 メイク完了 ナチュラルな仕上がり

 

8時半 オフィス到着 変化無し

 

11時 大きな変化無し。心なしか口周りが薄め?

 

13時 口の周りは少し取れてきている感じ

 

15時 全体的に朝よりもカバー力は落ちているものの素肌は見えず。

 

17時 朝よりもきちんと感は失われているも、スッピン状態にはならず。

 

 

 

C カバー力対決まとめ!

 

さて、両方のカバー力を、体を張って?実験してみたわけですが、長時間のカバー力ではBBクリームの圧勝ですね。

 

朝イチの仕上がりはファンデーションを使った方がきちんと感があり、BBクリームはナチュラルな感じです。

 

けど、時間がたつにつれてファンデーションは段々と落ちてしまいM化粧直し無しでは、午後には素肌がちらほら。

 

それに対してBBクリームは素肌がちらつくことはほとんどありませんでした。

 

実際化粧直しをすればどっちでもよさそうですが、化粧直しの時間がないORもったいないという人はBBクリームの方が便利そうですね。





今、人気ののBBクリーム使ってみました↓↓