BBクリームの正しい使い方で肌をよりキレイに見せる!

時短メイクのための必須アイテム、BBクリーム。

 

手早く簡単に、欠点のない肌に仕上げることができるBBクリームですが、正しい使い方をすることで、時間をかけてベースメイクをしたようなキレイな肌に見せることができます。

 

また、BBクリームは化粧直しの時にもとても便利なんです。

 

では、BBクリームの正しい使い方をおさらいしてみましょう。

 

 

【保湿をきちんとすることで、化粧崩れが防げる!】

 

洗顔後、まずは化粧水で肌を保湿します。

 

その後、3分程度時間をおいて、化粧水が肌に浸透するのを待ちましょう。

 

肌の乾燥が気になる方は乳液をプラスしてもOK。

 

ただし、乳液のあとも3分程度時間をおくようにしてください。

 

次にいよいよBBクリームを塗っていきます。

 

手の甲などに、パールひとつ分程度のBBクリームを取り出します。

 

上手に塗るコツは少しずつ伸ばしていくこと。

 

面倒だからといって一気にたくさん塗ると肌が白浮きすることになってしまいます。

 

少量を軽く叩き込むようにポンポンとなじませていきましょう。

 

その後、指の腹を使ってBBクリームを全体に伸ばしていきます。

 

肌の上で指を滑らせるのではなく、軽くたたくようにするのがポイント。

 

その後で、シミやそばかす、くすみなどが気になるパーツや毛穴が目立つ部分などに重ねづけしていきます。

 

コンシーラー機能もあるので、目の下のクマが気になるときも重ねづけするとよいでしょう。

 

肌の乾燥が気になる人はそのままでもOKですが、眉を描いたり、アイシャドーを使用するときには軽くパウダーをはたいておくとにじみを防ぐことができます。

 

マットな仕上がりが好みの方や化粧崩れしやすい方は全体的にパウダーで押さえるようにします。

 

オススメはパールの入った透明感のあるパウダー。

 

BBクリームが持つ、ツヤや透明感を損なうことがありません。

 

 

【化粧直しするときは?】

 

BBクリームは化粧直しの時にも使用できます。

 

仕事が終わる前にトイレで鏡をのぞいたら、目の下にマスカラやアイシャドーの色がくっきり移っていたというときや、目元の乾燥が気になるときにもBBクリームが役立てくれます。

 

目元の色移りはBBクリームを綿棒にとってふき取ればOK。

 

メイクを落とす必要もなく、保湿アイテムを塗る必要もありません。

 

夕方になると、目元の乾燥が目立ってくるというときも、BBクリームを少量のせてみましょう。

 

その後でパウダーをのせれば、朝のキレイな肌を復活させることができます。

 

仕事の後にデートの予定があるときなど、「一旦メイクを落として最初からやり直したい!」と思うことがありますが、現実的には難しいですよね。

 

そんなときのためにも、化粧ポーチに小さいサイズのBBクリームをしのばせておくと便利です。





今、人気ののBBクリーム使ってみました↓↓