今さら聞けない?BBクリームとCCクリームの違いとは

肌をカバーしながら、短時間でナチュラルな美肌を演出してくれるBBクリーム。

 

メイクの時短やアイテムが少なくなることによるコスパ効果の高さなどによって、女性の間ですっかり一般的になった感がありますよね。

 

このBBクリームをパワーアップさせたアイテムとして人気を呼んでいるのがCCクリームです。

 

ぱっと見ると同じような機能のように感じるこの2つのアイテムですが、どのような違いがあるのでしょうか。

 

 

【CCクリームってどういう意味?】

 

BBクリームの名前がBlemish(欠点、シミ、ニキビ、傷)Balm(鎮静・保護)からきているのに対し、
CCクリームはの名前の由来はControl Color Cream (コントロールカラークリーム)、Color Conditioning Cream(カラーコンディショニングクリーム)など、各メーカーによって異なっています。

 

BBクリームはもともとピーリングやレーザーを使った施術のあとに起こる肌の欠点やダメージをカバーするといった目的で作られていますが、CCクリームは肌色の補正やより高いスキンケア効果が期待できるようになっています。

 

肌トラブルを隠すというよりも、よりトーンの整ったワンランク上の美肌に導いてくれるのがCCクリームなのです。

 

CCクリームはBBクリームに比べるとカバー力では劣るものが多いので、肌トラブルが気になるという方は、まずBBクリームから使い始めるとよいでしょう。

 

特に肌トラブルがないという方はCCクリームを使った方がより肌を美しく見せることができます。

 

 

【CCクリームの使い方とは?】

 

続いて、CCクリームの使い方を見てみましょう。

 

元祖BBクリームを販売している韓国のメーカーのBAさんいわく、「使い方は同じです」とのこと。

 

洗顔後、肌を保湿してから直接CCクリームを指にとって少量ずつ、気になる部分を中心に伸ばしていくだけでOKです。

 

CCクリームも紫外線防止効果があるタイプがほとんどなので、下地や日焼け止めを別に使用する必要はありません。

 

実際にCCクリームを使ってみると、肌のくすみがパッと明るくなって内側から発光するような透明感のある肌に仕上げることができます。

 

肌トラブルが気になる場合はCCクリームの上にBBクリームを部分的にのせてもOKです。

 

その場合、厚塗りにならないよう、BBクリームはトラブルが気になるパーツにだけ塗ること。

 

CCクリームの仕上げはそのままでもOKですが、テカリやベタつきが気になる場合は軽くパウダーで押さえれば完璧です。





今、人気ののBBクリーム使ってみました↓↓