乾燥肌にもおすすめできる保水力のあるBBクリーム

乾燥肌に悩む人が急増しています。

 

湿度の少ない秋から冬にかけてとくに症状が悪化するケースが多いのですが、お肌の免疫力が弱まっている人がおおいせいか季節に関係なくカサカサやかゆみに悩んでいる人も多いようです。

 

乾燥肌を一口にいうと皮膚の中の水分が不足している状態です。

 

年齢やストレスによって皮膚を守るべき皮脂の分泌が少なくなったり、お肌のきめを保っている角質が痛んでくると肌の潤いが失われて乾燥肌になります。

 

肌の水分量は常に刻々と変わっています。

 

いちばん失われるタイミングと言えば汗をかいたときです。

 

もちろん人間は常に皮膚呼吸を通しても水分が発散されているので、皮脂分泌のバランスが保たれていれば油分が水分をつなぎ止めて乾燥肌になることはありません。

 

しかし、加齢やライフスタイル、気候などの影響によって皮膚の保水力が失われてくる症状が進行することになります。

 

このように乾燥肌になるには皮脂量が少なくなっていったり、肌の保湿を司る成分が失われたり、角質の間に存在して皮膚の連携をキープしている脂質が少なくなることで発症するものです。

 

乾燥肌のままメイクをするのは無防備なままストレスにさらされることになるため、ますます乾燥肌が加速することになります。

 

乾燥肌というのはすなわち皮膚が本来持っているバリア機能が低下することを意味しますので、皮膚科の病気にかかりやすくなったりアレルギー症状が生まれたりしやすくなってしまいます。

 

とくにメイクで肌へ負担を掛けると乾燥肌のせいでオイリーになり、また乾燥するという悪循環に陥ってしまいます。

 

カサカサになってしまう乾燥肌の場合、通常のメイクだけでなく美容成分やスキンケアの有効成分を補給することでお肌への負担も軽減できます。

 

乾燥肌にもぴったりな有効成分が豊富に含まれるだけでなく保湿成分もたくさん入っているBBクリームなら敏感になってしまった乾燥肌にもなじみやすいメイクアイテムです。

 

メイクするだけでスキンケアができるため、保湿やアンチエイジングを知らず知らず対策できていることになります。

 

BBクリームの特色である保湿力をうまく利用することで、ちょっとした化粧直しでも外を歩いていたり外出先のエアコンなどの環境変化で失われやすい水分を適度に補給できるというメリットもあります。





今、人気ののBBクリーム使ってみました↓↓