高保湿タイプのBBクリームで肌の乾燥を防ぐ

年齢と共に大切になるスキンケアの基本と言えば保湿をいかに維持するかということです。

 

お肌の乾燥ほど皮膚にダメージを与えるものはないといってもいいかもしれません。

 

とくに30代後半から40代になると、肌のかさつきや弾力性が失われていきます。

 

肌の保水力が低下しているためで、いつも外側から保湿をして水分を与えてあげることが大切です。

 

保湿というと洗顔後の化粧水や保湿化粧液が思い浮かぶかも知れません。

 

もちろん、ベースと整えるという意味で毎日の化粧水や乳液は大切ですが、メイクをしているときでも保湿効果が続けられることが理想ではないでしょうか。

 

美容液成分がたっぷりBBクリームなら保湿力も考えた成分が配合されているので、塗っているだけで常に保湿作用が持続させることになります。

 

BBクリームに保湿成分が入っていることはアラフォー世代からするとかなり大きな味方になってくれます。

 

年齢とともに肌の保水力が衰えるため、ただでさえ乾燥が気になり始めるからです。

 

しかも、毎日のメイクでお肌に負担をかけ続けると、パサつき、つまり乾燥肌がどんどん進行しやすくなる要因を作り出します。

 

BBクリームはカバー力があるので薄く塗るだけでメイクの仕上がりもうまくいくので塗る量が少なくてすみます。

 

美容液が豊富に配合されているBBクリームとはいっても、できれば少量を使う方が肌への負担は少ないためデイリーメイクにはピッタリなのです。

 

BBクリームには保湿力の高い商品が次々と生まれているのには、女性の悩みをうまくキャッチする肌の潤いにスポットを当てているからにほかなりません。

 

ただ、高保湿タイプのBBクリームは、成分の配合の関係からどうしてもカバー力が弱めになる場合が多いと言われています。

 

肌につけたときの伸びは軽やかなのですが、その分化粧崩れがしやすいこともあるようです。

 

カバー力を重視するBBクリームよりはメイクの仕上がりを考えると、塗った後にフェイスパウダーでさっとお肌のきめを引き出す工夫をしてみてはいかがでしょうか。

 

化粧直しのときにもフェイスパウダーを使うようにすれば、高保湿のBBクリームであっても肌の悩みをしっかりとカバーすることができます。

 

BBクリームは多機能化しています。

 

保湿を優先しながらその他の機能の特色も考えながら利用していきましょう。





今、人気ののBBクリーム使ってみました↓↓