BBクリームでメイクをキレイに仕上げるコツ

一本をサッと塗るだけで簡単にメイクができると人気のBBクリームですが、塗り方によって仕上がりに大きな差が生まれるのもたしかです。

 

これだけBBクリームがメイクアイテムとしてスタンダードになってきても、まだ塗り方に悩んでいるケースが少なくありません。

 

化粧下地も不要でファンデーションよりも伸びやすいことや、さまざまなテクニックを使わなくてもBBクリームが持つカバー力がすぐれていることから、使い方の腕を上がれば印象的に輝くお肌にすることができます。

 

ただ、実際にBBクリームを使っていてもうまく使いこなしているとまでいえない人が大多数のようです。

 

せっかくカバー力のあるBBクリームを使っているのにシワや赤み、シミといったお肌のトラブルが隠し切れていない人はもちろん、BBクリームが持っている潤いや輝きといった機能を出せずに終わっている人もいます。

 

ただ、BBクリームは量を使いすぎるとかなり濃いめのメイクになってしまうので塗り直しによってますます思わぬ方向にいってしまいやすいようです。

 

BBクリームを最大限生かすためにも大切なのがその塗り方です。

 

塗り方を変えるだけで同じ商品でも仕上がりがガラリと変えることができるかもしれません。

 

洗顔をして化粧水を塗ってからBBクリームを塗る。

 

これがオーソドックスなBBクリームの塗り方だと思います。

 

もし、BBクリームだけ直接塗って終わらせているという人はまず「洗顔と化粧水」のプロセスをプラスすることが先です。

 

これだけでBBクリームの持つ機能を引き出しやすくなるからです。

 

とくに化粧水ですが、漫然とつけるのではなく丁寧な使い方をするように心がけましょう。

 

コットンで丁寧にお肌に当てていくようにします。

 

指の腹でやさしく押さえるように染みこませるのもおすすめです。

 

化粧水を正しく塗ることでBBクリームがお肌にのりやすい状態を作りやすくなり、マット感がさらに出せる仕上がりを実現できます。

 

BBクリームそのものの塗り方のポイントは、とにかくパッティングするように塗り込んでいくことです。

 

伸ばして薄く塗るのにこだわりすぎないように、指の腹で軽く押さえていくような方法にするとさらにお肌で目立たせたくない箇所がカバーできるようになります。

 

BBクリームを使う時には、「洗顔と化粧水」そして「パッティング」というこの2つをするように心がけましょう。





今、人気ののBBクリーム使ってみました↓↓