BBクリームは肌になじみやすいので使いやすい

BBクリームだけでメイクを澄ませる人も多くなっていますが、BBクリームの特徴をよくわからずに使っている人もいるようです。

 

よくリキッドファンデーションと似たような使い方をされるのがBBクリームですが、この二つには大きな違いが見られます。

 

とくにBBクリームの大きな特徴はファンデーションをベースにしてさまざまな機能成分が配合されていることです。

 

ファンデーションを中心に美容液や日焼け止め成分のほかコンシーラーとなる成分も含まれています。

 

つまり、それまで別々に購入しなかければならなかった化粧品が一つでコンパクトに済ませられるというメリットだけでなくBBクリームによっても配合される成分の種類や割合によって使い心地の違いが生まれます。

 

BBクリームを選ぶときに大切なのは肌なじみがよいものを選ぶということです。

 

かつてはなじみにくいものもありましたが、最近ではリキッドファンデーション並みに伸びやすく肌へのなじみも良いものが増えています。

 

とくにBBクリームを使う時、この肌なじみは多機能なBBクリームの魅力を引き出すのに大きな役割を持っています。

 

配合成分の中にある保湿成分は使っていくうちに大切な肌なじみに大きな影響を与えます。

 

コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドといった保湿成分がたっぷりとBBクリームには含まれています。

 

肌にハリや弾力性をもたらすコラーゲン。

 

保湿力を高めて肌の潤いをキープするヒアルロン酸。

 

角質の保護機能を維持して肌の潤いを保つセラミド。

 

BBクリームには必ずと言って良いほどこの3つの保湿成分が配合されています。

 

肌なじみのよさは、個人差のある肌の色に合わせやすさを左右します。

 

もともとBBクリームは多機能であることを重視しているため肌色に対するバリエーションが少なめである傾向があります。

 

つまり、色数の少なさをカバーするためにも肌なじみという特徴を持ったBBクリームを選ぶことが大切になるのです。

 

リキッドファンデーションに比べるとBBクリームの方が油分が多めです。

 

これもBBクリームののびやすさを助けている特徴を生み出しています。

 

肌なじみの良さを確かめるのにはテスターで実際に塗ってみてチェックすることが一番です。

 

肌になじみやすいBBクリームを選んでぜひ輝く顔になっていきましょう。





今、人気ののBBクリーム使ってみました↓↓