韓国のイメージが強いBBクリームの日本製はどんなもの?

BBクリームといえば韓国から発信されたものというイメージを持っている人も多いかと思います。

 

もちろん世界的にもBBクリームのユーザーは増えていますので、韓国をはじめいろいろな海外製のBBクリームが発売されています。

 

一方、日本製のBBクリームも増えてきてます。

 

韓国製も含めて海外製の場合、肌に合わないかもしれないというリスクは多少なりとも考えておかなければならないでしょう。

 

日本人の肌質と外国人の肌質は当然異なります。

 

韓国製であれば肌質がほとんど似通っているかもしれませんが、アジア圏でも肌質の違いはありますしアメリカやヨーロッパで製造されたBBクリームならさらに肌へのフィットが合うかは心配になるところです。

 

実際に、韓国製のBBクリームを使い始めたけれど肌に合いづらくて日本製のものに変えたらストレスなく使うことが出来るようになったという声も聞かれます。

 

BBクリームは多彩な成分と多機能が売りになっているだけにちょっとでも自分に合わない成分があるとBBクリームそのものが使えないことも考えられるのです。

 

それでは韓国製や外国製と日本製ではBBクリームにどのような違いがあるのでしょうか。

 

価格面でいえば日本製のものでも海外製と大差は見られません。

 

日本製のものより韓国製や海外製の方が安いと期待するかもしれませんが、値段として積極的にどちらかを選びたくなるポイントは見られないと考えていいでしょう。

 

それよりは肌に合うかどうかを考えて海外製や日本製も含めて幅広いBBクリームの中から選んでみる方が長く使えるようになります。

 

とくに海外製でも日本製でも肌質別の製品がいくつか発売されています。

 

乾燥肌や脂性肌など、それぞれの肌の保つ性質を捉えたBBクリームを使うようにすることで日本製よりも海外製のほうが良いというケースもあるでしょう。

 

ただし、やはり日本製の方が日本人の肌質を考えて開発が進められているのはたしかなので合う確率という点で言えばおすすめかもしれません。

 

とくに肌に直接塗って一日を過ごすものなだけに、製造過程や材料などへの安心や安全といった観点からもまず日本製を使ってみてから海外製も考えてみるという流れが無難といえるでしょう。

 

BBクリームは海外製、日本製ともに手軽で非常に便利なものだけに選ぶ際、ぜひ注意してください。





今、人気ののBBクリーム使ってみました↓↓