使用期限だけじゃ分からない?!BBクリームの寿命の見分け方

化粧品にも使用期限がある、ということを知っているでしょうか。

 

化粧品に入っている成分もいつまでも効果を発揮してくれるわけではありません。

 

どうしても効果が弱まってしまうこともあれば、劣化して、お肌に対して悪い働きをもたらしてしまうようなことも十分に考えられるのです。

 

化粧品といえば、使用期限に注目しているケースも多いでしょう。

 

そこでチェックして欲しいのが、使用期限だけではない寿命の見分け方です。

 

知っておけば、状態が悪くなってしまった化粧アイテムをお肌に付けなくて済むようになりますよね。

 

今回は、BBクリームの寿命の簡単な見分け方についてお教えします。

 

BBクリームを普段から利用している方は必見です。

 

 

■使用期限は参考にすること

 

・BBクリームには使用期限が定められている

 

未開封のタイプであれば2年から3年ほどは問題なく利用できます。

 

しかし、3年を超えてしまうと、未開封であったとしても内容物が変質してしまうので注意しなければなりません。

 

簡単にいえば、BBクリームは未開封であれば3年程度は品質が補償されているのです。

 

しかし、その期限を超えてしまえば、未開封であったとしても品質が補償されません。

 

使用できない、と考えても良いのです。

 

 

・開封したBBクリームはどの程度持つのか?

 

開封してしまうと空気に触れてしまいます。

 

その結果、BBクリームが酸化してしまうわけです。

 

酸化はすなわち劣化を表しています。

 

状態が良くないので、なるべく早い段階で使い切る、といったことが絶対的に必要になってくるのです。

 

開封したものに関しては、6ヶ月程度が目安の一つとされています。

 

1年以上開封したものを使い続けてしまうと、成分などが劣化している可能性も高く、あまりおすすめとはいえない状態になっているのです。

 

 

■見た目でBBクリームの寿命を見分けていこう

 

・色が変化していないか
・香りが変化していないか
・手触りが変化していないか

 

使い始めていた当初と現在を比較して下さい。

 

使い心地が大きく変化している場合には、すでにそのBBクリームは寿命が来ていると考えるのが自然です。

 

使い心地が変質していく主な原因は油分にあります。

 

BBクリームには保湿機能があるわけですが、その保湿機能に大きく関わっているのが油分です。

 

ですからたくさん油分が含まれているのですが、水分はどうしても蒸発してしまいます。

 

その結果、固くなってしまったり、色が変化してしまったり、といった状態が生まれてくるのです。

 

更に恐ろしいのは油分が酸化してしまうことです。

 

油分が酸化すると、臭いも変化してしまいます。

 

いままでと香りが変わってきた場合には、かなり危険度が高まっていると判断できます。

 

独特の臭いがするので、顔に利用するものなのですぐに気づくでしょう。

 

BBクリームの香りに変化が出てきた、と思ったらそれ以上の利用せずに新しい物を購入して下さい。

 

酸化した油分が含まれているBBクリームを利用したとしても、思ったような効果がえられるわけがありません。

 

また、固まってしまえば、顔全体になじませることもできませんよね。

 

ムラができてしまうような結果になってしまうのです。

 

ムラができてしまえば、当然ですがBBクリームとしての本来の役割が果たせません。

 

シミやくすみなどがカバーできなくなってしまうのです。

 

 

■シーズンからBBクリームの寿命を見分けていこう

 

・必ず1年で使い切ること

 

BBクリームですが、シーズンごとに使い分けている、という方も多いのではありませんか。

 

たとえば、夏はそれほど乾燥していないのでサラサラとして付け心地重視のBBクリームを利用している方が多いのです。

 

一方で、冬に関しては乾燥しているので、保湿性が強いしっとりとしているBBクリームを利用するでしょう。

 

注意して欲しいのが、1年のうちに必ずBBクリームを使い切る、ということです。

 

夏に使ったBBクリームを、余ったので来年の夏までとっておく、といったことは絶対にしないで下さい。

 

一度開封したものが1年間も品質保持されるわけがありません。

 

基本的に暖かいシーズンと寒いシーズンの2つでBBクリームを使い分けている方が多いとおもいます。

 

その1年を2つの1シーズンで区切った場合には、1シーズンのうちに使いきりましょう。

 

半年程度であれば、開封したものであったとしても、ある程度の品質保持はされるものです。

 

 

■分離しているBBクリームは利用したらダメ?

 

・基本的には利用しないほうが良い

 

ただし、BBクリームには油分が含まれているので、どうしても分離しやすい、といった特徴を持っているのです。

 

ですから、必ずしも劣化が原因でBBクリームが分離しているわけではありません。

 

分離してしまう一つの理由としては、温度差の激しいところでの保管、または開封して時間が経っている時に起こります。

 

温度差が激しいところでの保管に関しては、対策を立てれば分離を防げる可能性もあります。

 

保管場所には気を使いましょう。





今、人気ののBBクリーム使ってみました↓↓